体重を増やすのは実はダイエットより難しい

2020年1月17日

一番大切なこと


これまでにさんざん、「フォームは大切に」だとか「摂取するものには気をつけて」だとか言ってきました。


じゃあD活する上で、なにが一番大切なのか


それは…


続けること


。。。。。。。。。。。。。


あたりまえですね


でも、これが一番むずかしいんです…


やめてしまう理由には、

・コストがかかるから

・単純に飽きたから

・効果が現れなくなったから

・夏が終わったから

これらが挙げられるかなと思います。


これはD活にかかわらず、筋トレやダイエットでも同じことが言えます。


どうやったらやめないで済むか?


飽き性の私が唯一トレーニングだけは続いている理由

をお伝えします。


続ける極意①損得勘定

身体を作るというのは、「自分の身体への投資」です。

途中でやめてしまうことはもちろんそれまでかかった資金を切ってしまうことにもつながりますが、


トレーニングを怠ると人生レベルで損します。


身体作りはそれだけ効果があるということなのです。


続ける極意②周りの目への意識


大学のサークル仲間に恵まれ、その中には当然可愛い後輩(いやらしい意味で)もいるわけです。

そんな可愛い後輩が、昔好きだった2個上の先輩について

「今はどうなの?好きなの?」

って聞かれたときに、


「言い方悪いかもだけど、あのひとすごいお腹の肉ついたよね…

努力をやめた人って感じ…」

言い方悪っ!!!!!!

でも

「努力をやめたひと」


って言われたくないなっていう考えがふと頭に浮かびます。

ぼちぼちやりますかねえってなります


続ける極意③無理しない


こんだけ言っておいて、私DACT、最近はトレーニングの回数少な目です…笑


おいっ!って感じですよね…スイヤセン

でも理由があってサボるときはサボってます。


「やんなきゃやんなきゃ」…ってなると


「え、てかなんでやってんだろ」という疑問につながっていきます。


そこで「なんでやっているか」が明確な人は問題ないですが、

そこの根拠堅めがしっかりしていないと、

「やめちゃお〜🤗」ってなってしまうのです。


そこの道、通る必要ないですよねw


私は気楽な気持ちでだらだら(トレーニング中はガチですが)続けていたら、

いつの間にか「いまトレーニングをやめてしまうともったいない」レベルまできました。


無理してトレーニングしようとして、どんどん気持ちが離れるのと、

時間が空いても、少しずつトレーニングをするの、どっちが自分にとって得かを考えるといいかもしれません。

続ける極意③歯磨き


みなさん食後とか、歯を磨きますよね?(磨かない……だと………?いや、磨いて汗)


磨かないで過ごすと、何かムズムズすると思います。

あれと一緒のレベルに持っていけたら勝ちです。トレーニングは。


簡単に言うと、


習慣化しちゃえば、トレーニングしない期間が続くとムズムズするようになるよ


って話ですね


続ける極意④効果が停滞してきたときにこそ度胸の見せ所。「Easy come, easy go.」の考え方


はじめてトレーニングした後、プロテイン飲んで、朝はバキバキ筋肉痛になって…

で、少し鍛えた部位がふっくらし、効果がわかるはずです。最初の方は。


しかし、壁はやってきます。ある程度のところまで筋肉を成長させると効果が出なくなります。

これは体重と筋力の問題なので誰にでも訪れる試練のようなものです。


ここでやめてしまう人が多い印象ですね。

まず言いたいのは

「やめるくらいなら、壁は超えなくていいよ」


ということです。焦りは禁物です。

年スパンで見ていきましょう。しばらくは、維持くらいの筋トレをして、

徐々に負荷を上げていく作戦でいくといいと思います。


大切なものは簡単には得られないものです。

壁はゆっくり削っていこう!身体作りを意識しているだけでもう偉い!!!



D活:トレーニング篇

D活:食事篇

Posted by DACT